バイク

CG125のタンクを外しやすくしてみた!

久々にこっちのブログも更新…!デジかもです(;^ω^)

 

めっちゃくちゃ久々の更新です…かれこれ1年ほど更新してませんでした…

まあ、あれですよ。Amebaと比べてWordPressが使いにくいなーって(;’∀’)

さすがにAmebaは万人受けするように作られていますねー!使いやすさも段違いです。

 

どうでもいい話はこの辺にして、CG125の改造をしていきます!

年明けに直流アーク溶接機を買いまして、金属加工の幅が一気に広がったんですよ~

なので、前々から問題だと思っていた「CG125のタンクの外しにくさ」を解決していきます!

スポンサーリンク

 

 

タンク取り付け箇所を改造

CG125のタンク(OHV、キャブの年式)は、ゴムで無理やり止められています。

こんなかんじです。

このゴムがまあ硬くて、1人で脱着なんてできたもんじゃない…

てか、外すときはカッターで切るなりして引っこ抜くしかないんですよ(;´Д`)

んなこと毎回毎回やってられないので、思い切ってやっていきます!!

ゴムパーツを外したところ↑

1枚目がフレーム、2枚目がタンクの固定部分です。

タンク側の穴は直径18mmでした。

タンク側にはグロメットと、自作カラーをはめ込んでおきます。

ここにボルトが通るようにします。

で、フレーム側のゴムを取り付けるための爪はカット!もう二度と使わねえ…

この上にタンクを固定するためのステーを取り付けます!

次はステーを作っていきます~

ステー作り

ステーはこの鉄板(2.3mm厚)で作ります!

普通にホムセンで売ってるやつ。

バイスで挟んで、プラハンで叩いてコの字に曲げました~

これがー、

こうなるわけですよ~!!完璧です!

次は穴開けー

写真上側の穴は、フレームにあるボルトを外すために開けました。が、場所が全然違っていたので、ただの無駄穴に…

まあそんな事もある(*´з`)

で、穴を開けた部分の補強パーツを作ってー、

全体像はこんなかんじ~↑

どうよ!_(:3 」∠)_

ナットはテキトーに部屋に転がっていたものを使いました。

そしてようやく登場!溶接です!!

当然素人溶接ですが…

まあしっかり付いてはいるので、使う分には大丈夫です…!見た目は最悪( ;∀;)

とりあえず、これでステーは完成です!!

 

 

ボルトを買ってきました!

微妙に高さがあって入らないので、切って入るようにしていきます。

あとどうでもいいですが、ナットがウィットネジでした。キレそう。てかキレた。めっちゃM8で探した…

5mmほどカット!

無事、タンクとの間に収まりました!

とりあえず、部品は全部揃いました~

あとは、フレームとステーを溶接して塗装をすれば完成です!

先にフレームの塗装をグラインダーで落とします。

バチバチーっと溶接して、ステーの取り付け完了です!

直角の溶接難しい…なかなかきれいに付いてくれない( ;∀;)

まあでもハンマーで叩きまくっても、ビクともしなかったので大丈夫でしょう…!

最後に黒で塗装して完成です!!

遠目から見ればワンチャン純正っぽく…さすがに見えないですね_(:3 」∠)_

完成!!

早速取り付け~!問題なしです!

これで楽にタンクの脱着できます…!!

これでできることの幅が増えました!(配線切り詰めたりもしたいんですよ)

 

さてさて、試走してどんなもんか見てみますか~

と思ったら「あれ…?エンジンがかからねえ…」

スポンサーリンク

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。