CG125 とりあえずカスタム完了!
バイク

フォークをラバー塗装してみた!(CG125)

下を向くと眠たくなる、デジかもです( ˘ω˘)スヤァ

「シルバーか黒かで言うと、実は黒の方が好み」
そんなことを思いCG125を乗り続けはや一年。
メッキがギラギラ輝くCG125もカッコいいと思いつつも、やっぱり黒っぽくした方が好きなんですよねー…
でも普通に塗装してしまうと取り返しがつかない(ことはないかもしれませんが普通はつかない)
でも黒にしたい…!何かないものか?

と言うことで、前から気になっていたラバーペイントを試してみましたってのを書いていきます(๑•̀ㅂ•́)و
実に自然な流れの導入だ。

スポンサーリンク

さすが!天下のAZ!

前にyoutubeで「ラバーペイントでマークXを真っ赤に染め上げる」みたいなのを見て、それ以来ラバーペイントというのが気になっていました(すみません、動画の詳細はわからないです)
ラバーペイントは塗ってからでも後で剥がせるというのが売りらしく、元に戻したくなったときに気軽に戻せるらしいです。
その分扱いがなんやかんや難しいらしいですが、試してみる価値はある!

で、用意したのはAZのラバーペイント(マットブラック)x4本
これ1本900円程度なのに、なぜか4本で約1800円っていうよくわからない価格設定…
1本辺り半額!?!?
ちゃんとしたものが届きましたが、疑心暗鬼になりながら注文ボタンを押しました(¯―¯٥)

コチラが最初のフォークの状態。
あ、ちなみに前のフォークオイル交換後にやってます!
まだいつも通りのCG125。

amazonのダンボールにいれて、外で塗装します。
さすがにエアブラシの塗装ブースが使えるサイズではないので…

今回はアウターチューブのみ塗装していきます!
まあ本当はトップブリッジもしたかったんですが、工具が無くて外れませんでした(´;ω;`)

テキトーに食器用洗剤で脱脂しておきます。
プライマーは必要ないんだとさ〜

重ね塗り3回目ぐらい?
ドブの中のヘドロみたいなビミョーな光沢を放っていますが問題ないです。
ちなみにちゃんと面倒くさがらずマスキングはしました。

はい、塗装完了!
途中はあっても無くても変わらなかったので割愛。

かなりいい感じでマットブラックに仕上がってくれました( ゚д゚)
これでわずか1缶も使っていないっていう( ゚д゚)
実質450円以下( ゚д゚)
ヤバい安すぎるやろ(語彙力不足)
AZバンザーイ!

触った感じは若干しっとりしているというか、まあラバーですねって感じー
でもちょっと砂とかホコリなんかが着いたら厄介かも…
洗えば取れるとは思いますが。

左側だけ付けてみた。
おお!なかなか印象が変わったんじゃないですか〜
うむ、こっちの方がいいな( ̄ー ̄)ニヤリ

あと、フォークブーツ取付けておきました↓

こんなかんじでタイラップ2つで固定。
フォークブーツの長さは195mmのでいけましたー!
でも上側の径を間違えたので、付属の金具は使えませんでした(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

ということで今回はこの辺りで終わりまーす!
あと、この日の次の日にやったウインカーの取付けがあるので、それはまた後日書いていこうと思います!
この写真はウインカー付いた後のやつです。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。