CG125カスタム

CG125の改造(パーツを外してスッキリさせる)

iphone壊れにくければ使いたい、デジかもです。

 

 

 

 

前回の続きになります(前回→CG125の改造(完成予想図を考える))

9月末から今日(10月9日)までを、まとめて書いていきます!

とりあえず元の状態はこちら↑

前は世紀末、そこから後ろはほぼ純正。

すごいアンバランス…

スポンサーリンク


とりあえずリア周りから手を付けます!

まずはパーツを取り外しー

エアクリーナーボックス、バッテリーを車体から取り外します。

 

後からスターターリレーも外しました。

そして、キャブをPD22からPZ27に付け替えました!

CG125にポン付けできるキャブです!

 

エアフィルターはデイトナのφ35mmのパワーフィルターです。

実は径が小さいので、温めながら入れました。

バンドも付属のものが使えないので、新しく買っています。

 

ジェットはPD22のをとりあえず入れて、調整はまた後日します。

バッテリーレス化したので、電解コンデンサーを取り付けます!

+側をバッテリーが繋がっていたハーネスへ接続(ギボシ端子化)

ー側をクワ型端子にして、ボディアースします。

+側はヒューズを忘れていたので、後日取り付けました。

 

このコンデンサーはかなりの容量があるので、キーオンした瞬間はヘッドライトが点灯します( ’Д’)

確か22000μFも要らなかったはず…?

電圧は50Vぐらいにしておくと安心できたはず。

ちょっと前の記憶なので、詳細は忘れました…

完全に動かせない状態になってしまいました(;’∀’)

まあ最近はセロー、エストレヤがメインで動いているので、不便はありません!

次!

エアクリーナーボックスがなくなったので、電装部品類を取り付けるスペースがなくなってます。

なので、それを収納するケースを作ります!

 

車体に合わせながら作った型紙をもとに、2mm厚のアルミ板を切っていきます~

こんなかんじ↑

左右端を折り曲げて使います。

H鋼の上に置いて、プラスチックハンマーで叩きます。

曲げて取り付け位置を確認します!

悪くないですね~

 

ケースを留める穴は、エアクリーナーボックスの取り付けボルトが通る穴をそのまま使います。

グロメットも付いているので、振動対策も同時にできてしまいます(*´▽`*)

穴をあけて塗装します!

前回も言った通り、車体全体をほぼ黒一色で統一するので、ここも黒く塗っておきます(´-ω-`)

いつも通りミッチャクロンを吹いて、ホームセンター艶消し黒で塗ります。

完成!

やっぱり黒で塗ると、結構ごまかしが効きますね~

いいかんじです!

付け忘れたヒューズを取り付けます!

モノタロウで219円!

まあ使うのは端子だけで、ホルダーはCG125に付いていたものを使います。

予備ヒューズが入れられるので、あっちの方が安心です~

普通にギボシ端子をカシメるのと同じように、カシメて取付けました~

ヒューズは15Aです。

ハーネスの容量がマージンとっての15Aで、若干不安があるので、いずれ実験してみようと思います!

電装部品をケースに収納!

コンデンサー、ヒューズ、ウインカーリレー、テール周りのギボシ端子を入れました!

下から見るとこんなかんじ↑

かなりスッキリ収まりました!

シートもちゃんと乗ります!

 

この写真に写っているので説明しておきますが、キャブの塗装が剥げました…

せっかく塗ったのに…

ガソリンが合わせ面から漏れ出して、気付いたらボロボロでした( ;∀;)

めんどくさいので、キャブ調整終わったら塗りなおします…

ここまでの作業分は終了です!

 

次はフレームぶった切って、新しいバーを溶接します!

これをしないとテールランプやら、ナンバープレートが付けれません(-_-;)

走れるようにするためにも、ここはササっとやってしまいたいですね~

今月中には…!!

 

スポンサーリンク


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。