キャンプ

キャプテンスタッグのペグハンマーは実は結構使いやすい

明日の台風のせいで結構苦しい…デジかもです(´Д⊂ヽ

ペグハンマーっていろいろなメーカーから出ていますが、どこのを使えばいいか分からん…
というかそこらに落ちてる石でもエエんじゃね?って思ったり。
いや、ペグハンマーは必須です。

石が落ちていないだけでテント設営不可能…なんて事に陥ったらシャレんなんないですし、ただペグを打ち込むだけがペグハンマーの役割ではないのですよ!

というわけで自分が使っているキャプテンスタッグのペグハンマーをレビューしていきます!
ちなみにこの製品、Amazonで探しても類似品のパチモンしか出てこなかったので、もしキャプテンスタッグで欲しかったら店頭へどうぞ(まあキャプテンスタッグもパチモンメーカーみたいなところも、おっと誰か来たようだ

スポンサーリンク

多機能ペグハンマー

細身の見た目ですが、ペグを打ち、ペグを抜き、穴を掘り、ってなんやかんや色々なことができます!
まあ主に使うのは打つのと抜くのぐらい。

ヘッドが別素材で重くて打ちやすい

このペグハンマーは細身で、見た目的には軽そうで頼んないかんじです…
ほら、スノーピークなんかのはいかにも強そう!って見た目してるじゃないですか。
それに比べると、軽そうなイメージを受けるデザイン…

でも実際はヘッド部分はグリップの部分とは別の素材で作られていて、重たくなっています!

この重量バランスのおかげで、軽い力でペグが打ててる気がします( ´∀`)
しっかりとグリップの長さがあるのもいいです、使いやすい!
まあ長さがある反面、持ち運びが不便になるのは欠点…

ペグを抜くのがめっちゃ楽になる

前にエリッゼステーク(鋳造ペグ)を買って、何度か使っているんですけど、長く強い分打ったら全く抜ける気配がない代物。
コイツを手で引っ抜いたり、ロープを引っ張って抜いてみようとしてもビクともしないんですよ…

でもコレがあれば大丈夫〜!
グリップ底部にあるフックをペグに引っ掛けて、グイっと引っ張ってやると、少し力は必要ですが楽に抜けますよ(*゚∀゚)
なかなかこれは便利!

あと、抜くときにハンマーの反対側のがストッパー役になっています!
コレのおかげで体重かけながらやっても、手が滑ってしまうなんてことも無いです!

まああと穴を掘るのはピッケルみたいな感じで、ゴリゴリ掘っていけばできます。

やなところ

重い。普通に重い。
正直、別に高かったらこれ買わないッス…
安くてちょうど不満もギリ出ないようなサイズ感と重量だったので(;´∀`)
まあ一応不満って程気にはなってないです。

次に大きい、長い。
打ちやすいは打ちやすいんですけど、やっぱりソロキャンプで使うことを考えるとコンパクトさを求めたい…
長いのは打つとき便利ですが、やっぱり運搬には不便なんですよねー
あえて形状について養護するなら「グリップがフラットなので、収納するときに這わして収納できる場合がある。」ですかね。
まあ無理やりです…(¯―¯٥)

まとめ

以上メチャクチャ簡単にですが、ペグハンマーについてレビューしました!
ペグハンマーは実際に店頭に行って持ってみた方が、重量なんかも分かっていいと思います!
重量でいうと、このペグハンマーは多分普通な部類。
金属多用してますし、まあ重くなるのは必然かなーと…
車なら関係無いんですけどねー…

ペグハンマーは必須。
とりあえずの1本にいかがでしょうか?

まあスノーピークなんかに比べると安いので、気に食わなかったらある程度使って、交換してもいいと思いますよ〜

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。