用意するもの
バイク

バイクのウインカーの延長方法

ネタはあるけどイマイチ書き進めれない…デジかもです。

ちょっと前にCG125のウインカーの交換を行ったんですけど、小さすぎてナンバープレートに隠れ気味でした…
さすがにこれでは危ないので、延長方法を考えていました。
というか、調べてもイマイチ最適な方法が見つからなかったので、考えざるを得なかったって感じですけど(;´Д`)
条件としては安価で確実に延長するということ。
1000円以下でできたらいいかなーってかんじでやってみました!

スポンサーリンク


ウインカーの延長

買ったもの

用意するもの

  • ギボシ端子
  • 導線 0.2sq
  • 高ナット M6
  • ボルト M6
  • Oリング 内径5.8㎜

ギボシ端子は何の知識ないまま購入したため、サイズミスをしました…
まあ結果的には無理やりですが使えたのでまあいいかな、と。
その他はウインカーのボルトのサイズに合わせて購入しました。

取り付け

まず、ウインカーのコードを高ナットから通すための穴を作成。

ナットに穴あけ

穴あけ完了

最終的なサイズは4mmの穴を開けました。
それから通しやすいように斜め向きも削りました。
あと、穴は取り付けた際に真下を向くようにしたんですけど、やっぱり後で埋めようか悩んでいる…

で、通したのがこれ↓

ボルト取り付け

ピンセットを使って場所を調整しないと難しい…その間に蚊に刺された( ;∀;)
あと写真を撮り忘れたんですが、防水性を上げるためにOリングをウインカー側にかませておきました!
ちなみに通すときに、ウインカーに元からついていたギボシ端子は切り落としました。

ウインカーを元のプレートに取り付けて角度を調整。取り付けした

大体場所が決まったら、完全に締めて固定。

取り付け 裏側

ワッシャーが表裏で違うのは仕様です。断じて買い忘れたわけではない(買いわs…)。

ギボシ端子を使ってウインカーのコードの延長を行います。
まあ、ウインカーの線がもともと長かったら全く必要ないんですけど、このウインカーはCG125ですらギリギリだったんで…ハイ。
とりあえず、買ってきた導線を15㎝程にカットして、両端の被覆をはぎ取り。

被覆剥ぎ取り

そのあとにねじって線をまとめておきます。
ここは何にも難しい工程ではなかったので、手間取ることもなく蚊には刺されなかったぜ。

で、あとはギボシ端子を付けて完了!なんですが、写真を撮り忘れていたので接続完了です(;’∀’)

コード延長

もうここまでくればあとは本体側と接続して、シートを取り付けて終了!
完成です!

取付完了

おお~!いいかんじ~!
見た目は塗装もしてないのでイマイチですが、とりあえずは横に張り出してきたので、この極小ウインカーでも安全性は向上したはず!
また今度、黒の油性ペンで簡単に塗装でもしておこうか?
というかちゃんとシールの跡は消しておけばよかった…

まだまだ改良する余地はありそうです(´-ω-`)
それから蚊よけはしっかりしましょう。

スポンサーリンク


.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。